環境技術部

HOME > 環境技術部TOP > 排水処理施設/MO-UASB処理システム

MO-UASB処理システム

MO-UASB処理システム

主要な処理菌種として、グラニュール(自己造粒型嫌気性微生物群)を用いることで、大量の微生物群を保持することが出来るため、高負荷運転が可能となります。
嫌気性微生物は、有機物をメタンガスと二酸化炭素に分解するため、余剰汚泥が非常に少ないシステムです。
高濃度排水の処理に適しており、曝気動力が不要であること、メタンガスの回収によりエネルギー利用も可能であることなどから、非常に省エネルギーシステムとなります。
嫌気処理に必ず発生する硫化水素の対策についても十分な対応が可能です。

写真:設備例(MO-UASB処理システム) 写真:グラニュール(自己造粒型嫌気性微生物群)

お気軽にお問い合わせください。
【環境技術部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9802
FAXでのお問い合わせ03-5796-9813

環境技術部への資料請求・お問い合わせはこちら