住宅機器販売部

住宅機器販売部 TOP

暖房システム

換気システム

排水通気システム

脱気・圧力保持システム

太陽熱利用システム

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせ

  • カタログ/仕様図/取説・施工説/納入仕様書・完成図表紙 ダウンロードはこちら(電子ブックサイトに移動します)

排水通気システム

Eソケット付ドルゴ通気弁

Eソケット付ドルゴ通気弁

特長

1983年、日本国内ではじめて排水通気の屋内処理を可能にしたドルゴ通気弁。発売から30年以上を経過した現在もなお、製品の経年変化によるクレーム事例はなく、その耐久性は実証済みです。今まで外気開放方式では難しかった工期短縮や建物デザインの自由度といった問題を解決しました。さらに、点検・メンテナンスがしやすいよう、Eソケットが付属されており、通気弁本体が着脱可能になっています。(JD-125は除く)40A〜125Aまでの6機種をご用意しています。

スペック

Eソケット付ドルゴ通気弁

[材質]
■通気弁本体/ABS樹脂 ■ゴムシール/EPDM ■Eソケット/ABS樹脂 ■ゴムリング/CR ■防寒カバー/発泡ポリスチレン 
*1  ( )内寸法は付属品の防寒カバー取付時の寸法です。
*2  JD-125にはEソケット及びゴムリングは付属されていません。
市販のバルブソケットに直接、接着固定して下さい。
JIS K6739(排水用硬質塩化ビニル継手)に適合。
*3 JD-125のOは外径寸法です。

設置条件

適用される排水システムと設置位置
■ドルゴ通気弁が設置可能な排水システム及び設置位置は以下の通りとなります。
・伸頂通気方式の伸頂通気管の頂部
・ループ通気方式の伸頂通気管の頂部
・伸頂通気方式の排水横枝管のループ通気管および各個通気管の頂部
・ループ通気方式の排水横枝管のループ通気管および各個通気管の頂部
 ただし、排水横枝管に設置する場合は、接続される衛生器具数を5台程度とする。
■排水立て管の頂部に設置する場合、床面より1m以上、かつ最上階における最高位器具のあふれ縁より150mm以上の高所に設置します。
■排水横枝管に設置する場合、通気管の取出し位置は最上流の器具排水管を排水横枝管に接続した直後の下流側とし、その階における最高位器具のあふれ縁より150mm以上の高所に設置します。
※排水立て管に接続する最下の排水横枝管には設置しないこと(正圧区域での使用禁止)。

許容流量とサイズ決定
■ドルゴ通気弁の排水性能は、従来の外気開放通気と同等と見なすことができます。
排水システムの許容流量は、実験により外気開放通気システムと同等の性能があることが確認されているため、通気弁のサイズは空気調和衛生工学会規格・給排水設備基準(SHASE-S206)に規定されている定常流量法を用いて排水管の管径を設計し、以下の方法で決定して下さい。なお、許容流量値は同基準の技術要項表3.4が適用されます。
・排水立て管に設置する場合
 →排水立て管の管径と同径
・排水横枝管に設置する場合
 →排水横枝管の管径の1/2以上

排水システム図

Eソケット付ドルゴ通気弁

図面ダウンロード
資料ダウンロード
サポート・FAQ
お問い合わせ
サポート・FAQはこちら
お問い合わせはこちら
製品図面やカタログはこちら
機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら

機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら