住宅機器販売部

HOME > 住宅機器販売部TOP > ドルゴ低位通気弁通信 vol.3

住宅機器販売部 TOP

暖房システム

換気システム

排水通気システム

脱気・圧力保持システム

太陽熱利用システム

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせ

  • カタログ/仕様図/取説・施工説/納入仕様書・完成図表紙 ダウンロードはこちら(電子ブックサイトに移動します)

ドルゴ低位通気弁

排水の原理

地球上のすべてのものは引力によって地球へと引っ張られています。当然、水にもその力が作用していて高いところから低いところへと流れるようになっています。それをふまえ、排水管のような閉じた空間での水(排水)の動きはどうなるのか考えてみましょう。
通常の排水は重力を利用する重力式排水で排水管内では排水と空気からなる気液二層流れとなっています。つまり、排水管の中で円滑に排水を流すためには適切な量の空気が必要なのです。身近な例ですと「醤油さし」が分かりやすいでしょう。「醤油さし」には、注ぎ口と反対側に小さい穴が空いています。この穴を塞いでしまうと醤油と一緒に流れる空気を取り込めなくなるため、いくら傾けても醤油は出てきません。通気弁の開く原理も「醤油さし」と基本的には同じなのです。
ここにも空気の力が使われておるんじゃ。その小さな穴を塞いでみよう
醤油と一緒に流れる空気が入ってこないことには、中の醤油は出てこれないんじゃよ

通気弁の役割

通気弁の役割は、排水管内に適正量の空気を取り込み、スムーズな排水をサポートすることです。排水時に「ゴボゴボ」と音がしたり、下水臭がしたりする場合は、取り込む空気量の不足が原因の一つとして考えられます。
ドルゴ通気弁は「適正量の空気」を確実に取り込むことのできる通気弁なのです。
※管径が合っていない、という場合もあります

基本構造と作動原理

通気弁本体は、シンプルな構造で本体=バルブドーム+バルブシリンダー、弁=ゴムシール+可動盤の合計4点の部品で構成されています。材質はバルブドーム・可動盤・バルブシリンダーがABS樹脂、ゴムシールはEPDMを使っています。そのため、耐久性に優れ故障も少なく長く安心してご使用いただけます。
弁は自分の重さでバルブシリンダーに接触して排水管内の空気を遮断します。排水管内がプラス側の圧力になるとその圧力によって弁はバルブシリンダーへ押し付けられ、より弁が閉じる構造です。
排水が流れていない時
排水が起こるとドルゴの内側の圧力は大気圧より低くなるため、ドルゴ内・外の圧力差が大きくなります。可動部分である弁(ゴムシール?可動盤)は外側の圧力(プラス圧力)により、バルブドーム上部に押し上げられて弁が開いて空気を吸い込みます。空気を吸い込み圧力差が無くなると弁は自分の重さで落下しバルブシリンダーに接触して閉まり排水管内の空気を遮断します。
排水が流れている時

豊富なラインナップ

ドルゴ通気弁は設置場所や排水器具によって使い分けられるよう様々なシリーズがあります。適したものを設置して負圧による排水トラブルを解消します。
サポート・FAQはこちら
お問い合わせはこちら
製品図面やカタログはこちら
機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら

機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら