住宅機器販売部

HOME > 住宅機器販売部TOP > 暖房・冷房システムの脱気〜基礎理論及び実用的解決法〜(第二章)

住宅機器販売部 TOP

暖房システム

換気システム

排水通気システム

脱気・圧力保持システム

太陽熱利用システム

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせ

  • カタログ/仕様図/取説・施工説/納入仕様書・完成図表紙 ダウンロードはこちら(電子ブックサイトに移動します)
  • ダウンロード方法はこちら

暖房・冷房システムの脱気〜基礎理論及び実用的解決法〜(第二章)

システム圧力保持の不適切な運転や保守管理によってシステム内に
空気が侵入することがある。

不十分なシステム圧力の保持維持管理が相変わらず「ガス問題」を引き起こす最も共通する要因である。特に隔膜式膨張タンクを装備した小規模なシステムで顕著である。それ故、私たちは適切な運転圧力維持管理が以下に大事か、そのための最も重要な原則を述べてみたい。

圧力保持システムは、システムのどこの場所でも、ポンプの運転時/停止時にかかわらず、負圧、キャビテーション、ガスの分離が起きないようにすることを確実にしなければならない。特にシステムの上層部、ポンプ、制御弁には特別の注意を向けなければならない。

最も共通する過ち:
正しくない状態での運転開始、メンテナンス不足

特に隔膜式膨張タンクの場合、ガスの充填圧力P0と水張り給水圧力Pfが一致していないことが多い。ドイツ規格DIN 4807 T 2 (※1)が要求している年間定期検査、ガス充填圧力調整が行われることはきわめてまれである。それどころか多くの場合は、そのために必要なシステムとの縁切りが出来ないことすらある。

当社の調査によれば:
充填圧力P0が高すぎる、水張り給水圧力Pf(静水頭圧)が低すぎることが頻繁に見受けられる。

当社はこれらの発見を考慮に入れて、隔膜式膨張タンクのサイズ選定計算ソフト(EDP)による計算には、水張り最小圧力Pfを充填圧力P0より0.3bar高くするようにしている。

不十分なシステム圧
運転開始時の誤り、メンテナンス不足

− 静水頭圧Pstが低いシステム(低層建物、屋上機械室設備)の場合、充填圧力P0は気泡の発生やキャビテーションを起こしやすいポンプ、制御バルブを考慮して調整されなければならない。
キーワード:循環ポンプの吸い込み側最小圧力は製造元の仕様書による。

− これと対照的にポンプ押し込みタイプの場合、充填圧力P0決定に際してポンプ圧の一定割合(システムによるが60〜100%)を考慮に入れなければならない。そうしないと「上層階が負圧になる」という典型的な危険がある。

不十分な補給水

水無しでは圧力を保持することができない(暖房システムの場合、静水頭圧を得るためにはシステム内容積の0.5%増しの水が必要)。水の自然減少分が適切に補給されないと、負圧およびその他の問題が生じることは必然である。定期的な検査を行わずに運転する場合は、自動的に水の補給がされることが不可欠である(第5章参照)。隔膜式膨張タンクの場合には、給水圧力Pfはガス充填圧力より少なくとも0.3bar高くなければならない。


VDI 2035 第2 1998年/3/が出版されると、圧力保持システムを通してのガスの吸収、特にエアの浸透拡散についての議論も新たに盛んになった。

図1(P.6)と図3(P.7)は循環水中で測定された酸素または窒素の含有量を示している。各設備はそれぞれ違うタイプの圧力保持システムを装備している。まず明らかになるのは、このガス含有量に影響を及ぼすのは圧力保持システムの方式の違いよりむしろ別の要因が大きいことである。しかし、特に酸素の含有量に関しては、誤った解釈をしてはならない。第1章ですでに述べたように、酸素は酸化腐食の過程できわめて急速に消費し尽くされてしまう。その上、循環水と膨張水が混じり合うことによって非常に薄くなる。そのため循環水内の酸素はほとんどが計測される前に把握されず逃れてしまう。しかし、開放膨張タンクの膨張管の赤錆はその存在を示している。開放膨張タンク内の酸素の測定では4から6 mg/l の値が出ている。(※2)

したがって、システム水が大気に直接触れる膨張タンクは錆の増長をさせるものであるから認めるべきでないことは疑いのないことである。

ガス室と水室を隔膜で分離する膨張タンクは時代の最先端のものである。しかし、脱気の目的で市場に登場している、システム圧を外部ポンプで制御する開放型膨張タンク(10頁の概要を参照)は酸化腐食、錆の増長の事態を何ら変えるものではない。これらは膨張タンクを屋上に設置した、かっての開放システムと同じようにシステム内の窒素濃度を減らしエアロックなどの循環障害は避けられようが、4〜6 mg/l の酸素を膨張タンク自身から取り入れてしまうのである。(※2)これでは古い時代への逆戻りであり、有害であるから拒絶すべきである。残念ながら現在のところ、実際の運転状態でのタンク隔膜のガス透過性を決める規格化された方法がない。つまりガス透過性について定量的に論じることが出来ないということである。

密閉型膨張タンクは時代の最先端のものである。

膨張タンクの最も多い仕様形態を、以下に簡単に説明したい。

ガスの問題は設備技術の発展にともなって大きくなった。

暖房設備に鋼管が使われ、循環ポンプの数、配管回路の数がそれほど多くない頃は、オーバーヘッド配管方式で中央集中水抜き管(エア抜き管)を設けていたが、今日の状況はこれとまったく違っている。

床下横引き配管方式はエア抜き水抜き箇所を分散させ、またそこが非常にやりにくい場所になることがよくある。

床水平面を使っての暖房・冷房システムあるいは水平方向への増設拡張工事の場合では従来のやり方でのエア抜きが困難である。

合成樹脂やゴムなどの部材の使用、またシール部の表面積増加とともにより多くの「エア」がシステム内に浸透する。→前ページに記述

種々の金属材料が混在することは、ある特定の条件下ではガスの生成を引き起こす。
→前ページに記述

現在の状況:近代設備ではガス含有量が増加しており、従来型の分散した「エア抜き水抜き」の要求が高まるが、あまりに多すぎるため一向に問題の解決が出来ない。

文献目録
  • ※1DIN4807 T 2:膨張タンク、冷温水システムの開放型および密閉型膨張タンク、仕様、要件、試験、1999年5月
  • ※2リューリング、プロイサー:温水暖房システム内のガス、未発表の研究報告、ドレスデン総合工科大学、エネルギー工学研究所、エネルギー管理の教授、1996年7月25日
サポート・FAQはこちら
お問い合わせはこちら
製品図面やカタログはこちら
機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら

機器TOP
ダウンロード
お問い合わせ
ダウンロード
ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。
【住宅機器販売部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9803
FAXでのお問い合わせ03-5796-9811

住宅機器販売部への資料請求・お問い合わせはこちら