システムコントロール部

HOME > システムコントロール部TOP > 制御システム「スタジオーネ」/スタジオーネの特長

スタジオーネの特長

スタジオーネの特長

  • エンドユーザノウハウを組み込んだシステム。
  • コンピュータができることは、システムに吸収させている。
  • プロセスを熟知した人がアプリケーションをつくることができる。
  • 一度作ったデータを再利用できる

他のシステムとの違い

  • ハードウェア、ソフトウェアともに汎用品を使い,冗長化で信頼性を確保しています。
  • ビット、ワードデータはメモリが許す範囲で使用可能。
  • 大量データでも1秒刻みのタイマーカウントを高速表示。
  • シーケンサ側で自律的に機能を実行する。
  • 運転記録のリアルタイムの保証をシーケンサ側で行う。
  • 運転記録・アラーム記録・トレンド記録のリアルタイムをシーケンサが保証する。

スタジオーネ対応シーケンサ

  • 三菱電機製 MELSEC Q06H以上機種
  • 三菱電機製 MELSEC Q04UDH以上機種

講習会: http://www.morieng.co.jp/stagione/koushu.html

トレーサビリティに適した運転記録システム

過去の製造履歴を完全に再現できるのはなぜ?

タイムスタンプ付で全イベントの実行履歴をとり、ハード故障に対しては待ち行列機能と冗長化設計により、ハード停止時のデータ欠落がでない設計を実現します。アナログデータも定周期で収録します。
パソコンがダウンしても、待ち行列には最大2,000レコード保持できる領域を確保し、代替機(3台目以降も可)に切り替わるまでの記録が保持できます。

ユーザーが使いこなせる

シーケンス制御は「状態遷移図」を使用

状態遷移図はフローチャートと同じ感覚で使用でき、同一の機能を実現できます。
テーブル記述はメモリーが許す限り伸縮自在な可変長方式のため、一つのルールで制御データを作成できます。

完成度が高いシステムを、すばやく作れるスタジオーネ

従来のエンジニアリング手法

自動化システムのエンジニアリングを従来一般的であった3階層モデル(「製品設計者」−「システムエンジニア」−「プログラマ」)で実施した場合、システムエンジニアは製品設計者ではないため、設計者自身の考え違いや計算間違いによる誤った設計データを事前に発見できないなど、トラブル要因が解消されません。

システムの継承性を重視

バージョンアップ時のデータ変換不要、古いものは古いまま動作

シーケンサはMELSECのAシリーズからスタートし、現在のQnHまで基本的な設計の変更はありません。

Windowsモデルチェンジが前提、10年以上運転できる

対応するOSが多くなればなるほど保守が困難になります。
制御データはOSの上位互換ができ、システムの継続性を保証します。

お気軽にお問い合わせください。
【システムコントロール部】受付時間:9:00〜17:30(土日祝除く)
お電話でのお問い合わせ03-5796-9806
FAXでのお問い合わせ03-5796-9812

システムコントロール部への資料請求・お問い合わせはこちら