圧力容器の規定

圧力容器の法規について

圧力の法規は「労働安全衛生法」、「労働安全衛生法施行令」および「ボイラおよび圧力容器安全規則」により規定されています。 圧力容器の分類は[表1]のようになっています。

表1 圧力容器の適用区分

第一種圧力容器の適用区分 第二種圧力容器の適用区分

圧力容器構造規格について

第一種および第二種圧力容器は「圧力容器構造規格」に、また小型圧力容器は「小型ボイラおよび小型圧力容器構造規格」に、容器は「簡易ボイラ等構造規格」に各部の構造が規制されており、これらの条件を満たしていないものは設置使用することができません。

リフレックス密閉膨張タンクの圧力容器の適用について

密閉式膨張タンクは、ボイラー及び圧力容器の適用を受けます。

(1)第一種圧力容器

”大気圧における沸点をこえる温度の液体をその内部に保有する容器”の規定に該当します。ただし、下記の装置を設け、内部の温度が100度を超えない措置が講じられている場合は第一種圧力容器としての適用を除外されます。

第一種圧力容器としての適用除外要件

イ) タンク内の温度が所定の値に達すると自動的に燃焼をしゃ断する装置2個。うち1個は電気式でないものとする。
ロ) タンク内の温度が所定の値に達すると自動的に燃焼をしゃ断する装置1個と、タンク内の温度が所定の値に達すると自動的に作動してタンク内の温水を安全に外部に排出 する溶解栓(内径25mm以上)1個。
ハ) タンク内の温水を安全に外部に排出する溶解栓(内径25mm以上)2個。
ロ)、ハ)の溶解栓は次の条件を具備したものでなければなりません。
a)溶解栓は、それに表示された温度の5%増以内の温度(100度以下とする)はその作用するものであること。
b)溶解栓は、同一条件でつくられたもののうちから2個以上抜きとり、実験によってその作用を確かめたものであること。
上記以外は適用除外として認められません。

(2)第二種圧力容器

上記の装置を設けたものについても第二種圧力容器の適用があります。
構造規格を具備し、個別検定代行機関が行う個別検定に合格していなければなりません。
弊社の大型密閉式膨張タンクは「ボイラー及び圧力容器安全規則」による第二種圧力容器の個別検定に合格しています。

第二種圧力容器膨張タンクの設置にあたっての注意事項

「ボイラー及び圧力容器安全規則」より ()内は関係事項を示す

1. 設置する膨張タンクは、第二種圧力容器構造規格に常に合致している状態で使用してください。
2. 安全弁は、最高使用圧力以下で作動するように調整して下さい。
3. 圧力計は、内部が凍結し、又は、80度以上の温度にならない処置を講じてください。
圧力計の目もりには、最高使用圧力を示す位置に、見やすい表示をして下さい。
4. 膨張タンク及び付属器具は、1年以内ごとに1回、定期に次の事項について自主検査を行い、その結果を記録して3年間保存して下さい。
1)本体の損傷の有無
2)ふたの締付ボルト等の摩耗の有無
3)管及び弁の損傷の有無
4)タンク内封入圧力の減少の有無(1年に1回以上)
5. 膨張タンクの変形、漏れ、付属器具及び安全装置の異常を認めたときには、直ちに使用を停止し修理、その他の必要な措置を講じてください。
6. 破損事故が発生したときは、遅滞なく、諸葛亮同基準監督署長に事故報告書(様式第18号)を提出して下さい。
(個別検定代行機関の発生する第二種圧力容器明細書は原則として再交付されませんから、紛失しないようお願いいたします。)

menu