サポート・よくあるご質問

エアセパレーター

エアセパレータについての
よくあるご質問

エアセパレーター

設計・施工上のポイントは?

1.温水温度が高く、圧力が低い箇所が最適

ノンエアーは温水温度が最も高く、かつ圧力が最も低い位置に取り付けます。温度がより高く、圧力がより低い所で空気はより分離し易くなるからです(ヘンリーの法則)。

2.温度の低い場所に溜った空気も、残らず分離

ノンエアーは、水中から空気を分離し溶存濃度を下げることで、温度の低い場所に溜まっていた空気が、水に溶け込み配管中を循環するようになります。この水がノンエアーを通過するたびに、繰り返し空気の分離除去が行われ、水中の空気が完全に除去されていきます。

3.重点的にエア抜きしたい箇所に設置すると効果的

特に流速が速いシステムでは、微小な気泡が循環しつづけます。この場合、エアー溜めタンクや空気抜き用バルブなどを使用しても、あまり効果は期待できません。微小気泡を除くにはノンエアーがベストです。

4.ソケットを有効に使い、メンテナンスが簡単に

ノンエアーには上部にエア抜き弁取付用のソケットが設けてあります。弊社の自動エア抜き弁には逆止弁機構が付いていますので、エア抜き弁のメンテナンスが簡単に行なえます。125A以上のノンエアーにはこのソケットが2個付き、1個を手動エア抜き用や、プラグ止めにする使い方もできます。

設置推奨位置は?

暖房システムの場合は、熱源機の出口側(最高温部)でポンプの後側(最低圧力部)に設置します。



冷房システムの場合は、戻り管側(最高温部)のバイパス分岐などの手前に設置します。ポンプからみて、後側になります。

分離の原理は?

ノンエアーの内管は途中の管壁の一部が切り取られ、流れの左右方向が開口しています。通過する水の一部は左右に飛び出し、環状部②へ流れ込みます。ここで流速が落ち、大きな気泡を含んだ水は一気に①上部へと上昇します。また小さな気泡を含んだ水は③のすき間を通り、④へ下降、④は流れが乱されない場所で、気泡を含んだ水が比較的ゆっくりと入ってきます。④へ入ってくる微小気泡は急速にくっつきあってより大きな独立気泡となります。浮力が増した気泡は、すき間⑤を通って上がっていきます。このとき気泡は、内管の流れの外側を本体内面に沿ってゆっくりと上昇、内管の流れに乱されることなくエア抜き口⑥へ集まり、排出されます。

リフレックスエアセパレーター

設置推奨位置は?

ボイラー・貯湯槽などの高温水出口側に設置します。

分離の原理は?

以下の通りです。
1)エアセパレーター上部より、 温水が本体の接線方向に流入してきます。
2)流入した温水は、旋回流となりエアセパレーター下部より出ていきます。
3)比重の軽い気泡は中心部に集められ、浮力によって上部へ上昇します。
4)自動エア抜き弁から気泡がシステム外に排出されます。

営業所別お問い合わせ先

札幌営業所 〒060-0051
札幌市中央区南一条東1丁目
TEL : 011-251-9811
FAX : 011-251-9814
仙台営業所 〒984-0816
仙台市若林区河原町1-6-23
TEL : 022-265-2622
FAX : 022-265-1846
東京営業所 〒108-0075
東京都港区港南3-8-1 森永乳業港南ビル
TEL : 03-5796-9803
FAX : 03-5796-9811
大阪営業所 〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-15-27
TEL : 06-6136-5947
FAX : 06-6136-5948

menu