サポート・よくあるご質問

密閉膨張タンク

密閉膨張タンクについてのよくあるご質問

密閉膨張タンクの構造は?

膨張タンク選定のポイントは?

1. 補給水圧力の決定方法

<冷暖房、空調システムの場合>
通常、システム最高点までの静水圧Pと同じにします。ただし、最上階にラジエーターなどの空調機器がある場合、エア抜きをするために0.02~0.04MPa程度、さらに加圧する必要があります。(図1)

<給湯システムの場合>
基本的には、冷暖房、空調システムと同じように決定します。ただし、最高位にあるシャワー栓等の水栓金具が正常に機能するために必要な圧力を確保しなければなりません。(図2)

2. タンク充填圧力P1の決定

上記A項によって決定された補給水圧力がタンク充填圧力となります。ただし、下表のように給水方式、減圧弁の有無により充填圧力が変わることがあります。



3. 膨張タンクにかかる最高圧P2

通常は、安全弁セット圧と同じにしますが、膨張タンクと循環ポンプ、安全弁の位置関係によっては、ポンプの吐出圧を引いた圧力が膨張タンクにかかる最高圧となります。(図3)
※その他、ポンプの吐出圧がかかるケースについては、技術資料P5~P8をご参照ください。


4. 余裕率について

タンク容量が不足すると、膨張水が吸収しきれなくなり、頻繁に安全弁から噴いてしまいます。さらに、自動給水により水の入替えが繰返されると、エア溜りが発生し、腐食が進み、システムの寿命を短くします。タンク容量計算の際、ギリギリの容量で選定せず、右表の余裕率を見込んで下さい。特に、水より膨張率が大きい不凍液を使用する場合、十分な余裕を見る必要があります。

注意事項

設計・施工上の注意事項

膨張タンクの設置位置

膨張タンク廻りの施工について

  • 安全弁は必ず設置して下さい。
  • 溶解栓はリフレックスタンクに通じる取出管の途中にT継を使って設置し、必ずドレン口まで配管して下さい。
  • ただし、圧力条件、熱源機の仕様などにより、溶解栓が不要となる場合があります。【溶解栓(接続口径R1)を参照】
  • 主管からタンクまでの取出管途中に仕切バルブ(常時開)と排水用のドレンバルブ(常時閉)を必ず設けて下さい。
    ※配管の水圧試験時、タンクの充填圧力調整時に必要です。
  • 運転管理をしやすくするため、エア抜き弁、圧力計、温度計を併せて設置して下さい。

タンク充填圧力の確認および調整の方法

リフレックス密閉膨張タンクは出荷時に厳密な気密テストをして、充填圧力を調整しています。しかし、経年変化により充填圧力は徐々に減少しますので、定期的に充填圧力の確認・調整を下記の手順で行なって下さい。(年1回以上の定期点検を必ず実施して下さい。)

1.点検前準備及び充填圧力確認

①仕切バルブを閉じ、②ドレンバルブをゆっくり開け、タンク内に溜っている水を抜き、タンクに対して水圧がかからない状態にした上で、タンク本体の圧力計の数値を確認します。

2.充填圧力調整

自動車タイヤ用のエアチャックを取付けたコンプレッサーを使用し、ガス充填口から圧力充填を行ないます。小型タンクの場合、手押しポンプでも充填可能ですが、タンク容量80ℓ以上かつ充填圧力が0.2MPaを超える場合、コンプレッサーの使用をおすすめします。また、充填圧力をオーバーした場合ガス充填口の突起部を押しながら、必要な圧力に下げます。

3.復旧作業

②ドレンバルブを閉め、①仕切バルブをゆっくりと開け、取出管の水張りを行ない作業を終了します。


※上記タンクの定期点検および充填圧力調整をご用命の際は、当社までお問合せ下さい。

安全に関するご注意

  • 密閉膨張タンクをご使用の場合、「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使い下さい。開放システムおよび給水昇圧システムには使用できません。
  • 冷暖房・空調用の膨張タンクを給湯システムに使用しないで下さい。
  • 膨張タンク保護のため、タンク周辺に安全弁、溶解栓(温水温度100℃を超える場合)等を設けて下さい。
  • メンテナンスのため、温水主管から膨張タンクまでの取出管には仕切バルブとドレンバルブを必ず設けて下さい。
  • タンク封入圧力は、補給水圧力と同圧になるように設定してください。補給水圧力を変更する場合、膨張タンクの圧力調整も併せて行ってください。
  • タンク本体の掃除口や配管接続口のボルトは絶対にゆるめないで下さい。
  • 膨張タンクの充填圧力は経年変化により徐々に減りますので、定期的に確認し、充填圧力が低下していたら補充を行なってください。(*「ボイラー及び圧力容器安全規則」第88条において、年1回の自主検査とその検査記録の保存が義務付けられています。)
  • 膨張タンクの点検、圧力充填の際は、取扱説明書を参照し作業を行ってください。
  • 給湯システムへ塩素系殺菌剤を大量投入しないで下さい。機器に使われているゴムが溶出することがあります。
  • 溶解栓を設置する際、主管循環水の温度に常時直接触れさせないようにするため、温水主管から2m以上の取出管距離を確保して下さい。
  • 屋外設置はしないで下さい。外部腐食、凍結事故の原因となります。
  • 酸素透過性のある架橋ポリエチレン管や補給水を常時供給するシステムには、D、DE、及びGシリーズをご使用ください。

営業所別お問い合わせ先

札幌営業所 〒060-0051
札幌市中央区南一条東1丁目
TEL : 011-251-9811
FAX : 011-251-9814
仙台営業所 〒984-0816
仙台市若林区河原町1-6-23
TEL : 022-265-2622
FAX : 022-265-1846
東京営業所 〒108-0075
東京都港区港南3-8-1 森永乳業港南ビル
TEL : 03-5796-9803
FAX : 03-5796-9811
大阪営業所 〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-15-27
TEL : 06-6136-5947
FAX : 06-6136-5948

menu