密閉膨張タンク:基本計算式及び基礎データの説明

基本計算式及び基礎データの説明

基本計算式(冷暖房・空調・給湯システム共通)

基本計算式

基礎データの説明

システム内の保有水量 G

密閉システムを構成している全ての機器、熱源機、配管の内容積を合計した値です。配管は下の計算データを、機器、熱源機に関しては各メーカーのカタログ値をご参照下さい。

水の膨張係数 ε

通常、熱源機の送り側と戻り側の平均温度を算出し、下の計算データより膨張係数を決定します。不凍液を使用する場合、各メーカーのカタログ値をご参照下さい。

膨張水量 ε・G

上記膨張係数と保有水量の積が、密閉膨張タンクで吸収すべき膨張水量となります。

膨張タンクの充填圧 P1

密閉膨張タンクを取付ける際、システムの給水圧と同圧にし、ボイラー運転前にタンク内に水が入らないようにするための圧力です。最初からタンク内に水が入ってしまうと、膨張タンクの性能が十分に発揮することができず、全ての膨張水量が吸収しきれなくなる事があります。 給水方式や減圧弁の使用により、充填圧が変わることがあります。

膨張タンクにかかる最高圧 P2

システム水が最高設定温度に達し、膨張水量が最大となった時、タンクにかかる圧力です。通常は、安全弁セット圧と同圧になります。

計算データ

膨張係数表

基本計算式

配管保有水量[ℓ/m]

基本計算式

圧力単位について

平成11年10月より、SI単位に移行されており、それに準じて全てPa(パスカル)表記に統一しております。

圧力単位

menu