給水圧力Psとタンク充填圧力P1の関係

注意事項

給水圧力PSとタンク充填圧力P1は同じにすることが重要です。 2つの圧力に大きな違いが生じると、膨張タンクだけでなく、システム全体にさまざまな悪影響を及ぼします。

(1)Ps=P1の時

(1)Ps=P1の時

熱源運転前、タンク内に水が入っておらず、給水圧力と充填圧力がバランスしている状態。

(2)Ps>P1の時

(2)Ps>P1の時

給水圧力Psの方が高いと、最初からタンク内に水が入った状態になります。これでは、必要な膨張水量を吸収できなくなり、頻繁に安全弁が噴いてしまいます。

(3)Ps<P1の時

(3)Ps<P1の時

充填圧力P1の方が高いと膨張水が発生しても、圧力がP1を超えるまでタンク内に入りません。システム全体の内圧が高くなり、機器、配管共に負担がかかります。

menu